刻みの扱い

小粋を加湿するのに四苦八苦

くちなしの水分が強すぎて刻みが水っぽくなったから

外しておいたら今度は乾きすぎて

煙管で一服つけたら「かっっ・・・・・らい」くなった。

(すぐ燃えちゃうし)



かくも難しや小粋の水分調節( -д-)ノ



鳳仙花の花びらを集めて来ようかとも思ったけど

めんどくさくなって

ペットボトルの蓋に濡れティッシュ詰めて

簡易ヒュミドールとした。



冷蔵庫の中だとどうしても加湿が進まない。

気温が低い日のひんやりした台所に置いとくと

なかなかよい。

とはいえ

急に蒸し暑くなったりするから気が抜けない。

以前暑い部屋に置いてしまって

もっさりとカビがはえた大惨事だけは回避したい。


今のご時世小粋も安くはありいせん。



応援よろしくお願いしますblogramで人気ブログを分析



紅茶の出がらしで加湿してみた

小粋の加湿がうまくいかずイライラw

硬いまま無理やり煙管に入れれば辛くて味わいどころじゃないし

何事も適度な潤いは必要ね・・・



香料でわざとらしいぐらい香り付けしたジャスミンティーがあるの。

こいつを一杯だけ飲み、あと適当に水気を切って

お茶パックにくるんで加湿器としてみた結果



すげえ、かなりいい感じに湿っている!

でも期待したほどジャスミンの香りはないなあ。

仕方ない、本物の花を使ってさえ「幽か」としか言えないもの。



いい香りの花がない時期は、この手を使うか。

アールグレイとかもいいかも知れないわね。

コツは、水気をちゃんと切る事かなあ

あんまりビショビショだと刻みが台無しになってしまうわよ。



応援よろしくお願いしますblogramで人気ブログを分析




刻みの丸め方

無印小粋と松川刻みは若干太さが違う。

丸め方にもこつがある。

どちらでもそうだけど、あんまりぎゅうぎゅう

詰め込むと途中で酸欠起こして火が落ちる。

ゆるくしすぎても勝手に一人で燃え尽きちゃう。



繊細な小粋に慣れた指で松川を丸めるときは

「え、少なくない?」ぐらいでちょうどいいかも。



ちょい技で、ちいさな玉を固めに作って

その上におふとんかぶせる気持ちで

薄く包み込んでやると結構上手に吸えたりします。

吸い終わってそっと煙管を叩いて「ころん」と

灰が出るとちょっと嬉しくなったりw



まあ、何事も経験という事でございます。

火が落ちたらまたつけたらいいの、

気楽に楽しみましょう



応援よろしくお願いしますblogramで人気ブログを分析




こたつとみかん

昨日のPVえらい事になってたけど

皆さんそんなに縄がお好きなの



まあ、それはどうでもいいわ。

ついに魔の巣窟こたつを出してしまったワーw

こたつといえばみかん!

おいしいお!みかんおいしいお!!



おいしく食べたあとはその皮をちょっとちぎって

刻みの加湿に使えば、小粋のポテンシャルを最高に

引き出せるんだよしかも加湿が早いんだよ



うへへ、最近乾燥気味だったから入れとくか

煙管もちゃんと定期的に洗って、うまい煙を♪



応援よろしくお願いしますblogramで人気ブログを分析




かんたんヒュミドール



最近ヒュミドールが軒並みダメになってしまって

みかんもない、そろそろ小粋が乾燥してちぎれがちになってきた。

これはイカンので対策を考えてみたよ。




ペットボトルの蓋にティッシュを詰め込んで、そこに水を染み込ませる。

これだけで簡単ヒュミドールのできあがりだよ!

刻みを入れとくタッパーに一緒にいれて一晩経ったから

状態を見てみたら

うん!なかなかの湿り具合。

これならすぐに作れて、汚れたら惜しげなく捨てられるね。



湿ってやわらかくしないと、刻みを煙管に詰めるのむずかしくなるんだー

特に買ってすぐの刻みはかりっかりだから

しっかり湿らせてからじゃないと本当の美味しさがわからないよ。

100円ショップで手に入る物で

難易度を下げられるならいくらでも下げよう(´∀`)




うん、今日は昨日に比べてマイルド。

管理が難しいだけで、煙管はほんとに経済的よ。

楽しもうね〜





応援よろしくお願いしますblogramで人気ブログを分析





メッセージ
ギャラリー
  • タマミツネを擬人化してみる
  • タマミツネを擬人化してみる
  • タマミツネを擬人化してみる
  • 宝石を食べてる!? こうぶつヲカシ動画
  • 宝石を食べてる!? こうぶつヲカシ動画
  • 偶然撮れたw 小室圭の本性・・・かも?
  • 儚い冬告げ虫
  • 葡萄に染まる
  • 青で下書きするメリット
最新コメント
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
jhv
  • ライブドアブログ