本日は煙管をいつも楽しく美味しく使うために必要な

お掃除の手順をイラスト付きで説明して参ります。




まずは、最初に揃えるもの

煙管の洗い方1
①無水エタノール  ドラッグストアにあります 純度は70台程度で十分

②汚してもいいカップ(プリンなどの空き容器)

③汚れた煙管

④ストローブラシ 100円ショップにて購入できます

⑤歯間ブラシ  ドラッグストアにあります


汚してもかまわない服を着て、広めのボロ布をしいたら準備完了です。





煙管の洗い方-2
カップに無水エタノールを注ぎます。吸い口が浸かるくらいでOK。

イラストはのべ総真鍮ですが、羅宇が木・竹製だったら絶対エタノールに浸からないように。

ストローブラシの先をちょっと濡らして、吸い口から突っ込み

ごしごしと洗います。





すると




煙管の洗い方3
呪いよりもおぞましい色に・・・




要するにべっとりしたヤニ汚れがエタノールで溶けて出てくるんです

細かいカスや茶色い汚れが盛大に出てきます。

詰まり・味の悪さの原因はこれです。




分解できる小粋煙管などは、カップに浸け置きして数時間放置して

適度に汚れがゆるんだ所で綿棒でこすり洗いして下さい。





煙管の洗い方4
火皿の内側、雁首のあたりは歯間ブラシでていねいに洗いましょう。

意外とここが真っ黒く汚れていたりします。





洗い終わったら、吸い口をボロ布でよく拭ってから

火皿の方をしっかりくるんで、強く息を吹き込んで中身を吹き飛ばすようにして下さい。

全体をよく拭いて、終了です。

中に微量エタノールが残ったとしても、気化しますので大丈夫です。





これをやると、手が臭いなんてレベルでは済まされないほどくっさくなります!!

石鹸で洗ってもなかなか取れませんし、服についたら大変です。

アルコールが含まれたウェットティッシュとか、

エタノールを染み込ませたティッシュなどで拭いたら結構取れます。




いかがでしょうか、参考にしていただければ幸いです。

どなた様も美味しい煙管生活をお楽しみください。




応援よろしくお願いしますblogramで人気ブログを分析