心がすり切れた。

もう疲れた。

なんもかんも投げ出して一日寝込みたい。






いつかはと思ってたことが現実になった。

身内の不幸だよ。

でもわたしはお葬式に出られない。

親から絶縁されてるし

顔でも合わせれば即修羅場なのは火を見るよりも明らか。




比較的仲の良い親戚に病状を話して

参加しなくてもいいよう計らってもらえたけど・・・




お返事のメールが来るまで、しんどかった。

あれほど可愛がってもらったのになんて冷たい子、と罵られるのも覚悟で

息がしづらいような気持ちで待っていた。

思いがけず理解ある返答が得られて、泣いた。




自分で選んだ修羅の道だけど

親を見限るというのはこういう事なんだと

改めて覚悟しなおしたわ。






自分の人生を取り戻すのって

とんでもなく重い代償が必要なのね。

しばらくは、忙しくしてみる。

ちょうど衣替えだのお洗濯だの掃除だの、いろいろ用事があるから。

無心に働いてこの申し訳なさを引きずらないようにしてみるわ。

少し気温が下がったら、梅雨に入る前に

近所の神社へ行ってみる。







応援よろしくお願いします blogramで人気ブログを分析